セルフでVIO脱毛に挑戦

セルフでVIO脱毛に挑戦しています。
※現在進行形

こういう経緯でセルフ脱毛を選んでいるのですが、
一番の課題は処理しづらい場所をいかに乗り越えるか。です。

大事な下準備

脱毛器に一工夫

肌との接触を感知するパーツをセロテープで固定。
画像の矢印の部分。

ここを抑えた状態で固定することで、
肌との間に若干の隙間があっても照射できるので、
複雑な場所を脱毛するには必須の小ワザです。
安全面を考慮しての仕様なので顔とか脱毛するときは絶対やらない。

毛の前処理は剃刀より除毛クリーム

特にIOラインは見えない箇所なので、
皮膚が弱くなければ除毛クリームのほうがおススメ。
私はヴィート使ってます。

肌が濡れるとクリームが塗りづらいのでお風呂で湯船につかるまえ、
毛をなくしたい場所にクリームをたっぷり塗って5分後に洗い流します。
流す前に固めのボディタオルでクリームを拭くと毛がきれいに取れます。
普段使いしているボディタオルとは別に、
この用途専用で100均で購入しました。

VIOパーツ別の脱毛法。

何があっても写真は載せられないので、
雑な手書きメモでお届けします。

Vゾーンの脱毛

ここは目で見てできるので、
根気よく照射していくに限るのですが、
映えかけのビジュアルはけっこうきついです。
温泉や彼氏など、見られる機会がある方は、
1~2列ずつじわじわやるとあまり気にならないです。

Iゾーンの脱毛

ここから難易度があがります。
個人的にはソファなどの家具に片足かけてしっかり足をひらき、
照射していくのがやりやすいです。

ぜったい人に見せられない姿です。

Oゾーンの脱毛

図の通りです。
平らな肌でないとなかなか照射できないので、
最大限平らに近づけるために思いついたのがこの体制。

ぜったい人に見せられない姿です。

意外とセルフでできるVIO

進捗としては順調です。
濃い毛ほど少ない回数で効果がわかりやすいです。
3回照射ですがIとOはかなり薄くなりました。
Vはじわじわやってるので完成形に近づくのに
半年くらいかかりそうです。。

▼ランキングサイト:更新の励みになります
にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ

応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。