よく見るエクセルのエラーの原因・解決法7選

エクセルでエラーが出たとき、
解決方法をいちいち調べているので、
自分自身の備忘も兼ねてまとめました。

いきなり本題に入ります。

関数のエラー

#REF!と出てくる

関数で指定されたセルが参照できない状態。
セル/行/列を削除して発生するケースが多い。
指定しているセルに正しい値が入っているか確認が必要。

#N/Aと出てくる

必要な値が入っていない状態。
指定しているセルに値を入れると解決。
vlook などでよく見ます。

#DIV/O!と出てくる

0で割り算をしていることによるエラー。
割る値を0以外に修正すると解決。

#NUM!と出てくる

エクセルで取り扱うには大きすぎる/小さすぎる値
入っている場合に表示される。
数値を確認し、修正が必要。

値に関するエラー

三角マークが出てくる

入力ミスをしているのではないか?と自動判定されています。
間違いがなければ三角をクリックし、
「エラーを無視する」を選択。
値の書式と明らかに異なる数列が入っていたり、
上下のセルと異なる関数を入れた際に表示されるようです。

1E+11など、違う

数列が出てくる

値が指数で表示されている状態です。
数値が大きすぎる場合などに出てきます。
値の書式を桁(,)区切りのものに変更したり、
列の幅を広げたりすると解決。

数列が#####になる

列幅が足りないだけ。
広げれば解決できる。

エクセルの勉強をしようと思う

最近、五年目にもなって
エクセルをまともに使えないことを反省しています。
近々、きちんと本でも買って基礎知識だけでも入れたいと思っています(笑)



応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。